・!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"N "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> ニッコーシ株式会社 MRセンサ(磁気センサ)の関連情報・MRsensor.com(MRセンサーの用途)
ニッコーシ株式会社
HOME > MRセンサーについて > MRセンサーの用途
会社概要
製品紹介 MRセンサーについて
MRセンサーの技術情報
MRセンサーの動作原理 MRセンサーの用途
パルスパームセンサについて
資料・サンプル請求
お問い合わせ
サイトマップ
リンク

MRセンサ、その他の製品に関するお問い合わせ先
ニッコーシ(株)
電子部品部
TEL 03(6362)8851


MRセンサーについて

MRセンサーの用途


図1
磁気紙幣パターンの読み取り

MRセンサーの最も得意とする用途は、磁気印刷パターンの読み取りです。
磁気印刷とは、磁性粉末を配合したインクで印刷したもので、磁気印刷されている身近な物には、世界各国の紙幣があります。
でも、磁気印刷に含まれている磁性体はとても少ないので、千円札が磁石に吸い付くことはありませんから、普通はわかりません。
さて、MRセンサーは磁気印刷にどのように反応し、検出するのでしょうか。上記に示す文字は、情報処理用に作られた文字の例です。
この文字は、JIS X9002に規定されたものです。(E13B型)
JIS X9002は「磁気インキ文字読取用字体及び印字仕様」という規格です。もちろん、この規格で 磁気印刷されたE13B型文字をMRセンサーの検知面に通すと、MRセンサーの出力端子には、図2の写真のような信号が現れます。


図2

図3
磁気の変化はとても少ないのですが、MRセンサーははっきりと検出しています。
使用した回路図を図3に示します。でも、本当に磁気印刷のパターンを読み取っているかわかりにくいので、わかりやすい例をお見せします。

 

紙幣の磁気パターン


図4

今度は、紙幣をMRセンサーで見てみます。使用したのは、米国の1$紙幣です。
すべての磁気パターンをお見せできないので、実物の写真(左)と磁気パターン(右)を対角線でつないであります。印刷されている模様と同じように信号が検出されているのがわかります。
自動販売機などの紙幣を受け付ける機械では、MRセンサーを使って、この信号から紙幣の真偽を判定しています。

戻る

Copyright (C) Nikkoshi Co.,Ltd. All Rights Reserved
English 中文(¢フ)サイトマップ 資料・サンプル請求 お問い合わせ ニッコーシ株式会社